医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 学士」
に関連するツイート
Twitter

RT @sekkai: まだ落合陽一氏がメディア露出してなかった数年前、彼の大学の同期で後に医学部学士編入した自分の友人が「魔法使いみたいな人がいるんだけど、会ってみない?」と数人の為の勉強会を企画してくれたのに、先に予定に入れていた感染症の勉強会を優先してしまったことを未だ…

Twitter Yuya1125asa ゆーや@なーつのおわりー - 3:07

リツイート 返信

「みんチャレ」というアプリで、医学部学士編試験用のチームを作りました。 5人集まらないと開始しないみたいで。笑 よかったら、参加お待ちしてます。 スタプラが時間管理なのに対して、こっちは質というか内容管理です。

Twitter sa11028 ばぐら - 0:21

リツイート 返信

医学部学士編入試験の勉強の初学者として、英語・医学知識を学ぶために、YoutubeのTED-EdとうチャンネルのGetting Under Our Skinっていう再生リスト英語字幕つけて全部観た。英語学習は音声・動画がついてる方が捗る。勉強の合間の息抜き感覚で観てたけど、どちらが合間なのかわからなかった。

Twitter dokugakushi 独学氏@医学部学士編入 - 昨日 23:45

リツイート 返信

@freedomgaii 今晩は。医学部受けるなら学士編入がいいかもしれません。一般入試の再受験は横浜市立大、旭川医大がオススメです。下位国立は再受験生に厳しい大学が多いですね。

アメリカに留学中、現地の学生と将来の話になったとき、4年大学卒業後、メディカルスクールに進学するということを聞いたとき、驚いた。 そして、その制度に近いのが医学部学士編入試験だった。

Twitter dokugakushi 独学氏@医学部学士編入 - 11/19(日) 23:28

リツイート 返信

まだ落合陽一氏がメディア露出してなかった数年前、彼の大学の同期で後に医学部学士編入した自分の友人が「魔法使いみたいな人がいるんだけど、会ってみない?」と数人の為の勉強会を企画してくれたのに、先に予定に入れていた感染症の勉強会を優先してしまったことを未だに人生最大級に後悔してる。

追記 フィフスメデイカの医学部以外も全員卒業後学士医学部編入可能な学部として受験してもらいたい。遠藤

Twitter 123_fujino Taku Endo‘s intellectual property&project - 11/19(日) 0:44

リツイート 返信

なんでこんなに人々は医学部学士入学したがるのか問題

Twitter southwisteria 南藤優明 Masaaki Nando - 11/18(土) 21:07

リツイート 返信

医学部学士編入試験に合格するのにどれくらい勉強すればよいか。 これは一概には言えない。

Twitter dokugakushi 独学氏@医学部学士編入 - 11/18(土) 11:34

リツイート 返信

都心の失敗した若者に忍び寄る医学部学士編入という甘い罠。ほとんど場合は与えられた場所で頑張った方が未来は開ける場合多し。大手ならね。明らかにブラックなら辞めて転身進めるけど。最近の子達は少し甘い気がする。君達が放り出す新卒の価値を理解してない。

医学部編入試験に合格するまで

医学部編入試験に合格するまで 医学部編入入試に合格するというのは本当に難しいことです。
一度、大学受験に合格しているからといって甘く見ていてはいけません。
まず、どこの大学でも編入生を取るのは多くて2、3人です。
その中に入らなければなりませんから並大抵の努力では足りないでしょう。
現在、通っている大学で全ての単位を修得しなければならないなどと条件を課している大学も少なくありません。
大学の勉強をしっかりと行いつつ、かつ編入試験の勉強も手を抜くことができないという本当に大変な1年間になるでしょう。
また面接対策も行わなければならないでしょう。
最初から医学部に入るときよりも面接は厳しいものになりがちです。
生物の専門的な知識を問われることもあります。
生物系の学部に元々通っているならば基礎知識などは頭に入っているということならば大丈夫ですが、きちんと対策していくのが良いでしょう。
編入試験の合格を勝ち取るのは本当に大変ですが、頑張りましょう。

医学部の再受験と学士編入試験、どちらが合格しやすいの?

大学を卒業した既卒社会人が医学部を目指す場合には、一年次から入り直す再受験と二年次や三年次に編入する学士編入という方法があります。
どちらが合格しやすいのかという比較は、やはり一概には結論付けるのは難しいです。
しかし、大卒や、学校によっては大学在学者だからこそ挑戦できるという点では、現役生と戦わなくて済むメリットは大きいです。
しかも選抜方法は、書類審査や面接であったり、小論文や討論、または英語やTOEIC、生命科学といったように、比較的チャレンジしやすい試験科目を課す医学部がほとんどです。
一方で、再受験の場合は、現役生と同じ試験科目で受験するので、勉強のブランクが長い再受験生には不利です。
ただ、学士編入試験はそもそも実施している大学自体が少ない上に、募集定員も少ないというデメリットがありますから、一長一短ではあるわけです。
ですから、自分の学力や得意分野、経歴や社会経験などの強みを活かせる受験方法を選択するのが一番ということは間違いないでしょう。