医学部受験マップ

新着情報

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 不利」
に関連するツイート
Twitter

医学部は30代はやっぱり不利?

医学部は30代はやっぱり不利? 多くの人を助けたいと志し高く持ってして医学部を目指す方が多いですが、その年代は実際には子供の頃から医師を目指している方が多く、また研修医として学ぶ期間を考えると、体力的にも20代が多くなります。
しかし、30代で医学部を志すかたも少なくはありません。
また、30代だからこそのメリットがあります。
それは、経験です。
人によっては一度社会人経験をされた上で医学部を志すことがあります、社会の基本的な仕組みが例え教科書やテレビで知る事があったとしても、経験として知っているのか知っていないのかは、異質の物になります。
患者様は、多種多様な年代職業の方が多い為、医師としてもそれらの方と上手くコミュニケーションを取った上で診察し治療をしていかなければなりません。
30代だからといって、遅いなんてことはなく、日本人の平均寿命を考えても、まだまだこれからです。
20代の自分では学ぶことや理解出来なかったことも年齢を重ねたからこそ深く理解できることがありますから、自信を持ってことに望みましょう。

医学部の再受験生でも不利にならない人がいるってホント?

医学部の再受験となると、高い偏差値を持っている現役、浪人の大学受験生と真っ向勝負をしなければならなくなるという点で、一見、不利なのではないかと多くの人は考えてしまうでしょう。
しかし、実際は医学部再受験生のすべての人が不利というわけではないです。
学士編入をする場合ですと、現役、浪人の大学受験生と勝負をする必要は無くなります。
学士編入では、一度大学を卒業したり、中退したりした人などが受けることができる編入試験です。
これは、センター試験を受ける必要がないようになっています。
試験の内容は、決して簡単というわけではありませんが、一度、就職をした人などが退職後に受験勉強をして臨むということが少なくありません。
対策を専門とする予備校などを活用していくと、効率よく受験勉強を進めることができるでしょう。
予備校では、試験問題や面接などに関しての情報量が豊富なので、独学で臨むよりもはるかに効率が良いと考えられます。